スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道のセシウム137調査

北海道の土壌放射能調査について

「北海道の土壌放射能を調査する会」では、北海道各地の人たちから協力を得て、2012年5月から、個人宅の庭土の土壌調査を進めてまいりました。
その調査結果を個々の公開承諾を得て、公開させていただきます。


北海道土壌調査地図20121011



測定結果4


参考:震災前(H20~22 年)の北海道の農地土壌における放射性物質モニタリング結果
環境放射能水準調査結果(道立衛生研究所)
調査場所:江別市
セシウム-137:14~19Bq/ kg乾土

の結果と比較して、大きな差が無いことがわかってきました。
ただ、以下の当会における参考調査の結果を見ていただきたいのですが、

2012年1~5月まで外に放置してあったソリに溜まった雨水を1リットル採取した測定結果
セシウム-137:2.09Bq/ kg(検出下限値3.31Bq以下なので参考記録→通常は検出せずと表記される)
セシウム-134:1.33Bq/kg(検出下限値3.04Bq以下なので参考記録→通常は検出せずと表記される)

といった数値が出てきます。
そもそも、公的関係機関における放射性降下物データでも、
http://www.iph.pref.hokkaido.jp/eiken_housyanou/eiken_housyanou.htm#falloutmonth
セシウムの降下は確認されていますので、この参考調査の数値もうなずけると思います。
現在、北海道で検出されるセシウム等の数値は「過去の核実験や、チェルノブイリ原発事故の残りで、福島原発事故以前のレベルと変わりない」と表現されることが多いのですが、土壌に対して2~3Bq/kg程度は、あらたに加算された可能性は十分にあります。
北海道にも福島原発由来の放射能は、まちがいなく降り注ぎ、わずかずつだとしても、今も汚染を増やし続けてるのです。

また、さらに懸念されるのは、こうした放射性降下物が、必ずしも福島原発から直接放出されているものではなく、産業廃棄物の焼却、リサイクル燃料(廃プラスチックなど)の使用、一般廃棄物(家庭ごみ)の焼却などによってもたらされている可能性も高いのです。
こうしたことの確認作業も、急ぎ、当会としてやっていきたいと思っています。

私たちは実測によって、北海道における「福島原発事故の影響」についてきちんと確認・把握をするとともに、美しい北海道の大地をこれ以上の放射能汚染に晒さないこと、そして明るく輝いた未来を子供たちへ繋いでいけるよう、大人として責任ある行動をとりたいと思っています。

2012年6月 「北海道の土壌放射能を調査する会」代表 伊藤和久
※測定はAT1320Aを使用
http://www.adfutec.com/image/pdf/Catalog_110722-1_AT1320A.pdf#search='AT1320A]'
 この機器の特性上、ヨウ素131やセシウム134の数値は、Pb214、Bi214の影響を受けやすいため、土壌の測定結果上に公開いたしません。

スポンサーサイト

一般ごみ焼却の放射能調査について


以下のページをご覧ください。
http://ameblo.jp/ankurashimada/entry-11248993810.html

島田市の小学校の土壌汚染データです。
しかし、よくよく読むと、どうも試験焼却で跳ね上がった数値ではありません。
先の、「松葉データ」から考えても、これほどの上昇は考えにくい。

となると、おそらくは日常的な一般ごみ焼却の積み重ねの結果ではないかと推定されます。

ところで、ガレキ焼却の焼却灰の規制値として、8000Bq/kgという数値から逆算して、

焼却前ガレキの汚染値は、
「焼却炉の型式に応じて 240Bq/kg 以下又は 480Bq/kg 以下のもの としています。」という環境省の通知があります。

これに準じて、おこなわれた試験焼却による焼却灰で、8000どころか、20000を超えたという情報もあり、
(ガレキの正確な汚染測定をすることが事実上不可能なので、こういうことは常におきる)
焼却後、実際にどのくらい濃縮するのか、ということが不透明でもあります。

転じて、この3月末まで、
食品の暫定規制値は、500Bq/kgだったわけですが、
これらの残飯なども、もちろん焼却処理されたりしているわけです。
食品に限らず、さまざまなモノにも放射性物質は付着し、
それらがごみ処理場に集積されて焼却されている、ということは当然起きています。

さて、ガレキばかりに目が向いてしまっていましたが、
上記の数値を並べてみて、
ガレキと、一般ごみ焼却と、
どちらが危険か、という比較は難しい。。。
比較が難しいほどに、一般ごみ焼却にも日常的危険性が潜んでいると推定します。

そこで、札幌・旭川のみ、「北海道の土壌放射能を調査する会」の一環として数検体測定を行いたいと思います。
焼却場付近で土壌採取ができそうな繋がりがあればご連絡ください。できれば半径1㎞未満の地域が望ましいです。

その他の地域でご希望がある場合は「蝦夷の黒船」にご相談ください。

よろしくお願い致します。

北海道内約30箇所の土壌検査を行います。

★北海道内約30箇所の土壌検査について(汚染実態調査)

・土壌採取にあたっては、個人所有宅の庭土などに限ります。(雨どい下などの濃縮される場所は避けてください。また肥料などを散布していない場所を選んでください)
・土壌検体はよく乾燥させ、乾燥土1kg(より若干多く)を蝦夷の黒船に送っていただきます。
 採取にあたっては、表土深さ5cmを削り取って乾燥し、チャック付きの厚手のビニール袋に入れていただきます。
・検体には、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス、および地図(ネット上の地図に印をつける)を添付していただきます。すべて、必ず直筆または印刷物などの「紙」で検体に同梱してください。(選抜後、添付メールにて用紙を送付します)
・田畑は原則行いません。また公共施設(公園など)などの土壌については、自治体の許可があった場合に限り、行います。


★北海道内のガレキ受入予定地の事前土壌調査について(ガレキ汚染監視調査)

・「放射能汚染の可能性があるガレキ」の受け入れ表明している自治体の、処理・焼却予定地近くにお住まいの個人宅の庭土などを事前に測定しておき、もし処理・焼却が実行された場合は、同一地点の実行後の土壌を再測定することとします。
・検体数については、実際に受け入れる自治体数が未定なため、現時点では募集数量は定めません。
・土の採取方法などは、前記項目「北海道内約30箇所の土壌検査」と同じ方法で行っていただきます。


★現在、以下の地域からご連絡いただいています。
  (そのまま検体採取地域としての候補地でもあります)
  「札幌」(中央区・西区・厚別区・北区・南区ほか)
  「旭川市(複数箇所可)」「函館市」「岩見沢市」
  「足寄町」「中標津町」「北斗市」「日高町」「余市町」「雄武町」「当麻町」「当別町」

  このほか、ほぼ確実に検体を採取できそうな地域は、
  「釧路市」「苫小牧市」「留萌市」「紋別市」「江別市」「北見市」
  ※上記いずれも4/7現在

足りない箇所→緑の円(4/15現在)
道北地方 帯広近郊 美瑛 富良野 渡島/檜山地方 釧路
最終期限   雪解け後5月半ば位まで


土壌調査


 この測定実施計画に賛同してくださる団体・個人の方々に、「共催」として名を連ねていただきたいと思いますので、参加希望!という方は、ぜひ「道民放射能測定所」「蝦夷の黒船」にご一報ください(お名前を出せないという方は「協力」という形で賛同をお願いします)。
 なお、共催参加にかかる費用は一切ありません。(みんなで監視してるぞっ!という意志表明が大切!)

 また、測定については「北海道の土壌放射能調査する会」へ、「蝦夷の黒船」から、AT1320Aを無償で貸し出す形を取り、測定・記録作業については「蝦夷の黒船」が行います。(機械重量が約150kgあるため、移動などは極めて困難)
 なお、測定費用はすべて「蝦夷の黒船」が負担します(全検体無償で測定します…検体の送料は提出者にご負担いただく予定)。

ご連絡はメールフォームにてお願い致します。

「北海道の土壌放射能を調査する会」発足しました

今、日本では安全か否かを測ることの出来ない瓦礫が、政府によって拡散されようとしています。
国はキロ当たり8000ベクレルまでは処理可能としていますが、その値が安全である根拠を明確にしておらず、また汚染の可能性も試算していません。
1キロ1万ベクレルを超えていれば、法律上「放射性物質」として扱わなければなりませんが、今、瓦礫のどの部分がそれに当たるかを特定する方法はありません。

瓦礫の基準がセシウムだけですが、ストロンチウムやプルトニウムの基準もありません。
プルトニウムの毒性については議論がありますが、多くの人がプルトニウムが焼却炉からでて肺に入ることを心配しています。焼却された場合、セシウムは粉ではなく、ガスの可能性が高いのに「フィルターで除く」のは不可能です。

また、埋め立てた場合、海や地下への影響は計り知れません。
埋め立てたゴミの放射性物質が無害になるまでの10万年をどのようにして保管するのでしょうか。
今回の原発事故で漏れた放射線量は、政府発表でも80京ベクレルという膨大なものです。
これが日本全体にまかれたら日本人は日本列島に住むことはできません。

汚染された地域から、たくさんの人が北海道へ避難してきています。
北海道には豊かな自然と、安心して住める地域があるからです。

ですが、瓦礫を受け入れることによって、北海道という名前も汚染された場所として認識されることでしょう。
災害廃棄物の受け入れは、震災の支援ではなく、安全な場所・食物の提供こそが、北海道からの真の支援だと考えます。

私たちは、汚染された瓦礫を北海道へ持ち込むことを許しません。

プロフィール

Author:北海道土壌放射能調査会

最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。